ブランド品買取で店舗買取を利用する際の注意点

ブランド品買取で店舗買取を利用する際に、いくつか気を付けておくべき事があります。
利用前に注意点として把握しておけば、店舗買取をトラブルなくスムーズに進められるでしょう。


まず、ブランド品買取店でブランド品の店舗買取を利用するには、必ず身分証明書を提示しなければいけません。

これは古物営業法第十五条に基づく決まりで、ブランド買取店には取引前に本人確認を行う義務があるからです。
身分証明書があればすぐに取引を始められますので、忘れずに携帯しておきましょう。

ガジェット通信に関してお困りですか。

身分証明書として利用できるものとしては、運転免許証や健康保険証があります。

住民票でも利用できますが、発行から数か月以内のものに限ります。
何か月以内まで有効であるかはお店によって違いますが、数日や一週間程度で受け付けられない訳ではありません。
住民票を取りに行った帰りに利用申し込みをしても十分に間に合います。


次に、店舗買取を利用する際は品物の輸送方法に注意しましょう。
ブランド品買取の査定では、ブランド品の状態も重要な査定ポイントになります。

ブランド買取の最新情報が揃っています。

汚れていたり傷んだりしているものは、査定の時点で評価が低くなり買取価格も下がってしまうものです。
この為、売却予定のブランド品はできるだけ綺麗な状態で持ち運べるようにしましょう。


ここで注意すべきなのが、付属品の存在です。ブランド品買取店では、ブランド品と一緒に付属品が全て揃った完品の状態を高く評価するものです。



当然、付属品も綺麗な状態の方が評価が高くなりますから、輸送の際は綺麗な状態で運べるように気を配りましょう。